どんなシャンプーを選べばいいの?

頭皮のかゆみ・ふけ・ベタつく・臭う・抜け毛が多い・傷みがひどいなど、コンディションが悪い方を前提に説明させて頂きます。

 

特に異常のない方は今ご使用のものでよいと思います。

 

異常のある方はシャンプーが合っていない可能性がありますので、以下の説明を気にして選んでみて下さい。

 

まず、製品裏の表示成分を見て下さい。

 

配合料の多い順に書かれています。

 

だいたい水が最初に書かれていると思いますが、早い方にラウリル硫酸やラウレス硫酸などの文字が出てくるものをなるべく避けて下さい。

 

これは石油系の界面活性剤で洗浄力が強く、汚れも落とすが頭皮や髪の栄養分まで取ってしまい、乾燥して肌荒れやふけ、髪の引っかかりが出やすくなる可能性がありますし、カラーの持ちもわるくなります。

 

これに対し、ココイル〜やラウロイル〜などは肌や髪に優しく、十分汚れも落とせる成分と言えます。

 

それと、ジメチコン・コポリマーなどはシリコンと呼ばれるもので、髪の傷みをごまかす為に入っているのですが、髪の補修能力はありませんし、頭皮にまで皮膜を作り成長を妨げる可能性や、髪の皮膜を作る事でカラーやパーマをかかりづらくしてしまう可能性があります。

 

これに対し、加水分解ケラチン・加水分解コラーゲン・加水分解シルクなどが補修成分なのでいいシャンプーと言えるのではないかと思います。

 

シリコンが全然とは言いませんがなるべく少量のもの(成分表示で最後の方にかいてあるもの)を選んで下さい。

 

CMやシャンプーのネーミングに騙されず選ぶ知識と、感性が大切です。

 

うんちくをあれこれ言っても、配合量や成分同士の相性もありますので、使ってみて、使い続けて、いいものはいいってことです。

 

グラージュでは、髪と頭皮のお悩みタイプに合わせたイチ押しの優しいノンシリコンシャンプーなどを取り揃えています。

 

おかげでうちのスタッフは手荒れもほとんどありません。